株式会社日本触媒

「すごい素材」で、人と社会に豊かさと快適さを!

日本触媒様
  • 株式会社日本触媒 人事部 豊山政一様
  • 業種:化学品製造業、所在地:大阪市中央区高麗橋と東京都千代田区内幸町に本社を置く、従業員数:4,276名(連結)、2,306名(単独)

1.「すごい素材」で、人と社会に豊かさと快適さを!

日本触媒はその“触媒”技術で発展を遂げてきた化学メーカーです。最終製品ではなく、企業へ「素材」で提供されるため、皆さんの目に触れる機会は滅多にありませんが、その「素材」は皆さんの身近にあるものに広く使われており、当社を含め化学メーカーは様々な産業を下支えする、社会になくてはならない存在といえます。

スクリーンショット 2020-01-08 16.18.30  スクリーンショット 2020-01-08 16.19.33

(左)衣料用・台所用洗剤(右)燃料電池材料

 

2. 主力製品はアクリル酸と高吸水性樹脂、海外の大手メーカーでも採用

当社が開発したアクリル酸の製造技術は海外の大手メーカーに採用され、世界トップクラスの生産量を誇ります。また、高吸水性樹脂は全世界に流通する紙おむつの約4分の1に採用されていて、国内はもとより、世界中に製品を提供しています。

 スクリーンショット 2020-01-08 16.19.21   スクリーンショット 2020-01-08 16.19.06

(左)フラットパネルディスプレイ(右)衣料用・台所用洗剤

その他新規事業にも積極的に取り組み、AIやIoT などの技術革新、電気自動車などへのシフト、健康・医療への関心の高まりから「ライフサイエンス(医薬品・ヘルスケア・化粧品)」「エネルギー・資源(モビリティ・エネルギー変換・水)」「情報ネットワーク(半導体・イージング)」の3 分野8 領域をターゲットに取り組んでいます。

㈮3事業分野8領域 

ご参考https://www.shokubai.co.jp/ja/ir/story/ 

 

3.加速するグローバル展開

当社はアメリカ、ベルギー、シンガポール、インドネシアなどに海外拠点を持ち、海外での売上は全体の半分を占めています。今後もさらにグローバル展開に注力していく方針で、2018年10月に海外拠点の一つであるインドネシアにて新たなプラントの増設を決定し、建設が進んでいます。

㈯インドネシアのプラント  ㉀海外 仕事の様子

(左)インドネシアの化学品製造プラント (右)現地スタッフとは特にコミュニケーションが大切 

また、年次が比較的若い社員にも海外出張や駐在の機会があり、幅広い視野が身につくと同時に、現地では価値観やビジネス慣習の異なる人とのコミュニケーションの深め方が体感できるのも魅力です。加えて、海外拠点で活躍する機会が豊富にあるのはもちろん、国内にいながら、海外のお客様と関わる仕事もたくさんあります。

 

4.若手からチャレンジできる環境とサポート体制

■若手から仕事を任せてもらえる風土

会社の規模が大き過ぎず、社員数も多過ぎない、少数精鋭の会社です。そのため、若手にも責任のある仕事を任せる風土が根づき、意欲があれば活躍のチャンスが豊富にあります。また、上下の壁も、部署間の壁もなく、縦・横・斜めにコミュニケーションが取りやすいのも当社の特長です。新入社員にも意見やアイデアを発信しやすい職場環境が整い、また、困っているときは多方面からサポートしてもらえるので、意欲があれば新しいことにもどんどんチャレンジできる環境があります。

■社員を支える仕組み

各キャリアステージで必要なスキル・知識を習得するために設定されている「階層別研修」に加えて、選択して受講できる「自己選択型研修」もあり、自己研鑽を積むには最適な環境があります。また、産休・育休・時短勤務といった各種制度も整っているので、ライフスタイルに合った働き方をすることもできます。休暇や福利厚生制度も充実していて、例えば、時間単位有給休暇や、誕生日月休日制度などもあります。

 

5.少人数でしっかりコミュニケーションがとれる交流会

■知るカフェ利用のきっかけ

以前から、ダイレクトメールや合同企業説明会などたくさんの学生へ一気にアプローチすることは行っていましたが、当社に興味を持ってくれた学生と深くコミュニケーションができる機会は多くありませんでした。そこで学生の皆さんが当社の理解をより深める場として学生が参加しやすいイベント・サービスを探していた際に、知るカフェに辿り着きました。

㈷阪大店04

「知るカフェ」大阪大学前店(https://shirucafe.com/shops/osaka/

 

知るカフェを利用して

学生の皆さんにとって

・少人数でしっかりとコミュニケーションが取れるので満足度が高い。

・企業に訪問するより落ち着いた雰囲気で話せるためリラックスでき、コミュニケーションがとりやすい。

・早い段階から企業やその仕事について理解を深め、じっくり検討することができる。

 

私たち企業にとって

・学校の近くに店舗があることで、学生が授業の合間に気軽に参加できるため、普段なかなか会えない学生とも接点を持てる。

・就活を間近に控えた学生だけでなく低学年の学生の利用も多いため、そうした層に早期からアプローチすることができる。

・様々な媒体(Twitterや店頭、HP など)で企業のPR をしていただける。

・交流会利用以外にも、学生と個別で会う場としての利用や、店舗貸切でイベントを行えるなど、活用の幅が広い。

 

6.学生へのメッセージ

スクリーンショット 2020-01-08 16.45.51

社員が目標とする人材像として、「自ら課題を形成し、解決できる自律型人材」「自己および組織を柔軟に変革できる人材」「高度の専門性を有し、発揮できる人材」「国際社会に通用する人材」の4つを掲げています。学生の皆さんには入社後にそのような人材へと成長していただけるよう、各種研修制度や海外トレーニー制度、通信教育など、成長を支援する制度が充実しています。

加えて、上下や部署の隔たりを超えてのコミュニケーションも取りやすく、これから入社される新入社員を含め、若手社員が意見やアイデアを発信しやすい環境が整っています。「若いうちから様々な挑戦がしたい」「新たな自分の可能性を発見したい」「グローバルな活躍がしたい」という方は是非日本触媒の知るカフェ交流会に足を運んでいただき、当社の仕事を知り、社風を感じてみてください。今後皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。